2019年03月03日

人を育成するということ

個人的には能力もスキルも高い人が多いですが、他人(従業員だったり、お客様だったり)に
「教える」とか他人を「育てる」とかに関することが全くダメな人も結構多いです。
新人従業員を育てると言いながら、仕事の丸投げで、これぐらいわかるやろう~という対応をしたり、
わからなければ聞いてね!って感じも多いです。この場合、全部わからない場合は聞きようがないのですが
それが感じ取れないのです。
挙句の果てに、今度の新人従業員はダメです、能力が低いので困りました、という相談がよく来ます。
私の心の中では決まって「あなたの能力が低いのすよ」「どう見てもその新人従業員さんの能力は普通ですよ」
「普通の人にちゃんと伝えられない、そのマインド、センス、スキルが問題なんだな~」ってつぶやいています。

経営コンサルタントと称している人の中にも、専門用語羅列型は問題ありです。
本人はそうは思っていません。それが問題なので根が深いですね~
いきなりな和製英語とカタカナと略語を使ってくる。
本当の意味わかってるのかよ~って突っ込みたくなります。
平易な言葉や相手が理解できる言葉で伝える必要があります。
わからない人(例えばお客様)が悪いばりなのは如何なものかと思いますが・・・・・

若手の経営コンサルタントの方の相談にも時々のりますが・・・
例えば、管理会計について数年にわたってコンサルティングしているが、経営者の会計に対する姿勢と知識が
一向に変化せず、会計を軽んじている。またいつまでたっても理解できない。
これって、はっきり言ってお客様側の問題ではなく、コンサルタントのマインド、センス、スキルの問題なのです。
数か月で経営者の会計に対する姿勢や認識を一新させ、後は会計士や税理士の先生にお任せする。
お任せした先生からお褒めをいただくぐらいでないといけません。
いつまでもコンサルティングが必要な状況を作っているということは、ちゃんと伝えず、自分たちが必要であるかの
印象操作をしているとしか見えません。

新商品開発にしても新事業開拓にしても、いろんなコンサルティングでいつまでも自分たちが必要な状況を
作っているということは、肝心なことをちゃんと伝えていない・・・・
いや~運よく仕事になっているが、本当はコンサルタント自身もよくわかっていないのかも知れません。
そう~本当に必要なことを相手が理解できるように伝える「マインド・センス・スキル」が無いのです。
同業としては強く自省の念にかられます。
たけさんでした。


posted by たけ&しず at 22:04| Comment(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。